WordPressで子テーマを作る時にやってしまいがちなこと

WordPressで子テーマを作成する際に間違えがちなことを書いてみました。

子テーマのテンプレート名を間違えているため子テーマとして認識されない

子テーマをThemeディレクトリにアップロードしたのに、WordPressのテーマを見ても認識されていない、
または壊れています、とか出ているとき。

テーマ名を間違えていませんか?

外観>テーマの画面には、例えば当サイトで使用している、
「」と書いてあっても、子テーマフォルダ内のstyle.cssに書くときは、
親テーマのフォルダ名である「」を使用する必要があります。

テーマ選択のところでは「有効: Twenty Seventeen」と書いてありますが、
子テーマ内で親テーマを指定するときにはフォルダ名にある「twentyseventeen」を使用します。
親テーマ内のスタイルシートにも「Theme Name:Twenty Seventeen」と書いてありますが、
これを入れても認識されません。

親テーマフォルダについている名前をそのまま使用しましょう。

OK

/*
Theme Name: Twenty Seventeen-child
Template: twentyseventeen
*/

OK

/*
Theme Name: twentyseventeen-child
Template: twentyseventeen
*/

NG

/*
Theme Name: twentyseventeen-child
Template: Twenty Seventeen
*/

また、子テーマのstyle.cssに最低限必要なのは上のような
Theme Name: xxx-child
Template: xxx
の2行です。

※子テーマフォルダに最低限必要なファイルは、
functions.php と style.css です。

 

子テーマをアップロードして認識されているのに反映されない・・・

もしかしたら、有効化してないのでは?
ただアップされて認識されただけでは使用されません。
通常のテーマと同様にテーマ選択画面で子テーマの「有効化」をクリックしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です